気になる妊娠線は美容クリニックで相談【炭酸ガス治療が最適?】

>イチオシ情報>妊娠線は皮膚の病気?!【治療&予防で対策可能】

妊娠線予防のコツを知っておこう!

妊娠線ができないように対策したい!という女性は、妊娠線予防のコツを調べてみましょう。下記の記事では、妊娠線予防効果があると言われている方法を紹介しています。

妊娠線予防方法

妊婦

急激な体重増加を抑える

妊娠線ができる原因は、急激に皮膚が伸びてしまい真皮層までダメージを受けてしまうからと言われています。そのため、対策するのであれば急激に体重を増やすのではなく徐々に増やせるように調整してみましょう。

妊娠中も適度に運動する

妊娠中も適度に体を動かし、運動を習慣化させることで脂肪がつきにくい体になり妊娠線も予防されると言われています。悪阻がきついときは、無理をせず体調をみつつ体を動かしてみましょう。

妊娠線予防クリームを使う

妊娠線を予防する効果があると言われている、妊娠線クリームを使うことで対策することもできます。肌に潤いを与え、保湿することで肌が柔らかくなり妊娠線ができにくくなるのでしょう。

妊娠線クリームを使うならどんなふうに使うの?

妊娠線クリームを使うなら、正しい使い方を知っておきましょう。使うタイミングや、どのぐらいの頻度で使うのかなどを知っておけば正しく使うことができるため、効果を高めることができるでしょう。

妊娠線は皮膚の病気?!【治療&予防で対策可能】

お腹

妊娠線クリームを使うなら抑えておきたい情報

妊娠線はお腹が大きくなる時期に使えば良い!と思っている人も居ますが、実はなるべく早めに使い始めた方が良いと言われています。妊娠初期から使うことでしっかりと腹部をケアすることができるため、効果が出やすくなります。使うときは、手で妊娠線クリームを温めて腹部を優しく撫でるように伸ばしていきます。バストラインやヒップラインに使うときは、マッサージをしながら使ってみましょう。マッサージをすることで、妊娠中の浮腫もやわらげることができます。

知っておきたい妊娠線改善方法

お腹

保湿クリームでも良いの?(20代:あかねん)

保湿クリームでも良いと言われていますが、妊娠線クリームには葉酸などの成分が含まれているため妊娠中に使うなら妊娠線クリームが最適でしょう。

できてしまった妊娠線は治すことってできますか?(30代:よねっち)

はい、可能です。美容クリニックで治療することができるため、妊娠線が気になるという女性は一度受診し相談してみましょう。炭酸ガス治療という方法が注目されています。

妊娠線クリームにはどんな効果があるのでしょうか?(30代:まりこ)

妊娠線クリームには、肌の保湿効果・マッサージ効果・整肌効果のある成分が含まれているため使い続けることで肌が綺麗になることもあります。

妊娠線ができた後でも妊娠線クリームは効果あります?(40代:かわい)

できてしまった妊娠線のケアをしたいという人は、妊娠線予防クリームではなく、できてしまった妊娠線専用のクリームを使ってみてください。妊娠線が気になる肌をケアし、再生することができるでしょう。