アレルギー系のアトピーなら化粧水はセラミド配合を選ぼう

>コラム>不安なアトピーの症状を抑えてくれる化粧水がある

不安なアトピーの症状を抑えてくれる化粧水がある

美容液

細胞間脂質を使うと緩和

アトピー性皮膚炎は皮膚のバリア機能がとても弱く、炎症を招いてしまう病です。もしくはアレルギー体質で過敏に反応して発疹や痒みを誘発させてしまう状態を指します。あるいはそれら両方を患わせている方もいらっしゃいますが、不快症状を緩和させる為に対処すべきです。保湿効果が高めな化粧水を使いましょう。アトピー性皮膚炎にも軽さや重さがありますが、皮膚のバリア機能が著しく低下している状態の時は注意しましょう。表皮を保湿していき、健全な状態を狙っていく必要はあります。アトピー用化粧水の中には「セラミド」が入っていますが、人の身体の中に存在しているものです。細胞間脂質と呼び、患部に塗布することで皮膚のバリア機能を高めることができます。

美容液

細胞脂質の注意点など

アトピーを緩和させる為に、セラミド・細胞間脂質入りの化粧水を使う場合は知りたいポイントがあります。どれくらいの濃度で有効成分が添加されているかチェックすべきです。補助的な目的でセラミドが入っているのか、メイン成分として配合してあるか確認しましょう。商品パッケージの裏側に化粧水の原料が記載されています。一般的にローションと原液は違うのです。前者側は水とグリセリン、保湿成分を混ぜて作られたアイテムになります。後者は有効成分の濃度が高めで化粧水よりも効き目は強い方です。セラミド原液は重いアトピー性皮膚炎を持っている人には刺激が強いでしょう。細胞間脂質が適度に添加されたシンプルな化粧水は使いやすいと言えます。使用する前にパッチテストも行いましょう。