ナチュラルメイクで自然に魅せよう☆好感度が上がるお化粧術

HOME>レポート>メイクといってもいろんな方法がある【女性は必見】

メイクといってもいろんな方法がある【女性は必見】

化粧品

基本が大切です

メイク用品の種類は、豊富ですが使い方にはそれぞれの特徴があります。まずは、ベースメイクです。肌の色によって下地のクリームの色の選び方が変わってきます。その上につけるファンデーションは、固形タイプやリキッドタイプやクリームタイプなどがあります。シミやしわなどをカバーするコンシーラーには、手で伸ばすものや鉛筆タイプなどがあります。アイカラーは、固形タイプやクリームタイプなどがあって、ふんわりつけるかしっかりつけるかによって使い方が変わってきます。また、つける時の筆なども種類があるので用途にあった筆選びが大切になります。口紅は、シリップが筆になっているものやグロスの入った艶のでるタイプがあります。マスカラもボリュームのでるものや長く見せてくれるものなど種類もあるので自分のなりたいメイクによって使い分けをすることができます。

メイク道具

使い方を知ることが大事

化粧品やメイク用品の種類は、非常に多いです、見ているだけで華やかできれいなものが多いですが、使い方や自分に合ったものを選ぶことができます。アイシャドーも固形の物やクリームタイプなどがあります。固形のアイシャドーは、しっかりとつけたりふんわりとつけたりすることができます。クリームタイプは、しっかり目の上につけることができます。アイライナーもリキッドタイプやペンシルタイプがあります。リキッドタイプは、はっきり目をみせることができますが、書き方によってはにじんだりずれたりしてしまうので、初心者の方には、ペンシルタイプの方が薄くなりますが書きやすいようにおもいます。また、リップもそのままつけるタイプや筆でつけるタイプもあります。最近は、艶をだすグロスなどのメイク用品も充実しています。